中古マンション売却のヒント

住宅ローンが完済してませんが売却できますか?

中古マンション売却のヒント

まだ、住宅ローンが完済してませんが売却できますか?

A. 売却できますが、注意が必要です。

可能なのですが、すこし気をつけなくてはいけないポイントがあります。

・現在、住宅ローンの残債がいくらあるか
・いくらくらいで売れるのか(売却価格)

肝心なのは、売却価格で住宅ローンの残債を補えるかどうかに注目です!
計算式は以下の通りです。

売却価格 - 住宅ローンの残債 - 譲渡費用(売却にかかる費用)

※売却にかかる費用についてはこちらから↓

中古マンション売却時にいくらくらいかかるの?
中古マンションの売却について基本的な知識からアドバイスまで現場スタッフが自ら執筆しています。今回は中古マンション売却時にいくらくらいかかるかをご説明いたします。

図⓵のように売却価格の方が多くなる方は問題ないのですが、図⓶のように売却価格の方が少なくなるケースでは不足分を手持ちの自己資金で穴埋めが必要になります。よって埋め合わせる資金がないと売却することができません。

理由は住宅ローンを借りる際に抵当権がつきます。他人の抵当権がついたまま購入するのは誰も希望しませんので住宅ローンを完済してこの抵当権をなくす必要があります。

えっ?さっき完済してなくても大丈夫って・・・

基本的に、売却の場合、代金の支払いと引き渡しを同時に行いますので住宅ローンの残債は、買主さんから支払われたお金で同日に完済させます。図⓶の方は自己資金をプラスして完済させますので住宅ローンが事前に完済していなくても売却は可能です。

でも、予定していた金額で売れない時は、どうするの?

売却活動は途中で中止することも可能です。査定額や売り出しの価格などは確実ではありませんので、予定通りいかない場合もあります。そんな時は売却中止できます。

不動産の売却の場合、売買金額は売主さん、買主さんが合意した金額での売買ですのであらかじめ、ご契約前に住宅ローンが完済できるかどうかのシュミレーション等をご確認いただくことが可能です。

住宅ローンが完済してない時の売却の仕組みいかがでしたか?

・買主さんからの売却資金で引渡時に完済させる
・売却資金が住宅ローン残債を下回る場合は自己資金で穴埋めが必要

売却価格については不動産会社に売却査定をすることで大まかな査定のご提案可能です。もちろん訪問での査定の方が、精度はありますが、ちょっとまだ具体的じゃないから、ハードル高いよと言う方は机上での査定なども可能です。

↓完全無料の売却査定はこちらから↓

売却無料査定
タイトルとURLをコピーしました