中古マンション購入のヒント

中古マンション購入までの大事な7STEP

中古マンション購入のヒント中古マンション購入のヒント

中古マンションを探していて、「ここに住みたい!」と思っても必要な7つのSTEPをクリアしないと実際に購入できません!今回は、「住みたい!」と思ってから実際にお部屋の鍵を受取るまでのお話。

素敵な物件を購入するまでの大事な7STEP

STEP①まずは購入の意思を見せよう!

「買いたいです!」と言葉で言っても何の効果もありません。。
【購入申込書(買付証明書)】で書面にて購入の意思を見せましょう!

注意①:このタイミングで価格交渉を行います。購入申込書を入れた順番で価格交渉の権利が得られるのでスピードが大事です!
注意②:注意①で説明した通り、申込順になります。これはあるあるですがなぜか申込みが集中するパターンがよくあります。
ですが、1分でも早い方が一番手です。しかし、一番手が例えば200万円の価格交渉をして二番手が満額で買いますと言った場合・・・ひっくり返される可能性もあります。
申込みのスピードは大事ですが、価格交渉をする場合は慎重に担当営業マンと決めていきましょう!

STEP②住宅ローン事前審査をしよう!

住宅ローンには事前審査と本審査の二段階必要になります。事前審査は購入申込みと同じタイミングでするのが一般的です。
大手都市銀行はだいたい2、3日で結果がでます。ネット銀行なんかだと約1週間程度かかることもあるので3日~一週間程度と考えておこう!
事前審査が通過すれば基本的には本審査も問題ないので契約日の設定をしましょう。

STEP③重要事項説明

購入申込み、事前審査が無事うまくいったら売買契約になります。
重要事項説明は売買契約締結前に行うものです。

簡単に説明すると重要事項説明とは売買契約に先立ち、宅地建物取引士が買主に対して不動産の重要な事項について書面を交付のうえ説明することです。

    重要な事項とは?

  • 登記簿記載の事項
  • 都市計画法、建築基準法等の制限
  • 代金授受の方法
  • 契約解除に関する事項等があります。
  • ここでわからないことは確認し不安を解消してから契約をしましょう!

STEP④売買契約を締結しよう!

重要事項説明をしたら、売買契約書の読み合わせをします。
不動産についての重要な事項は重要事項説明でしていますが、売買契約書にも難しい言葉やわからないことがあれば積極的に質問をして不安を解消していきましょう。
重要事項説明とあわせて時間して約1時間~2時間程度です。

    また売買契約時に

  • 身分証明書
  • 実印
  • 手付金(購入価格の5%~10%)
  • 印紙
  • などが必要になります。不動産会社によってはこのタイミングで仲介手数料の半額を支払う場合もあります。

STEP⑤住宅ローンの本申込みをしよう!

基本的には事前審査を通過していればよっぽどのことがない限り、本審査も問題なく通過します。約一週間程度で結果がでますので、ほとんどの方がローン特約を付けていると思うので期限までに結果がでるように必要書類はスピーディーに準備しましょう!

STEP⑥金銭消費貸借契約きんせんしょうひたいしゃくけいやく

通称:金消きんしょうといわれるものです。

簡単に説明すると金融機関と住宅ローンの契約をすることです。

ここでは住宅ローンの内容を確認します。住宅ローンの借入額、借入期間、変動金利か固定金利の選択、有事実行の段取り等を行います。
一般的には銀行で行うことが多いですが、ネット銀行等では店舗がないので仲介会社で行う場合もあります。

STEP⑦残代金決済&引渡し

これで最後です!
残代金決済&引渡しは売主、買主、仲介業者、金融機関の担当者、司法書士等が勢ぞろいして行われます。
物件代金の残代金の支払い(手付金を引いた額)、固定資産税・都市計画税・管理費・修繕積立金・公共料金等の清算、登記費用や仲介手数料など諸費用といわれるものの支払いをして、売主からお部屋の鍵を受取り手続き終了となります!
こちらも一般的には借入をする金融機関で行う場合が多いですが、金消同様ネット銀行等では仲介会社で行う場合がございます。

まとめ

一般的にはSTEP①~SPEP⑦まで1カ月程度で完了しますが、中には2カ月3カ月もしくはそれ以上と引渡しまでかかるケースもございます。
引渡しのタイミングも含めて物件を探していきましょう!すべてのSTEPを完璧に覚える必要はなく、各STEPで担当営業マンがサポートしますので、「こんな感じで進むのね~」と覚えておいてもらえれば問題ないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました