中古マンション売却のヒント

中古マンション売却時にいくらくらいかかるの?

中古マンション売却のヒント

中古マンションを売却するときの諸費用

中古マンションを売却する時もお金はかかります。その費用について項目ごとにご説明していきます。

仲介手数料

400万円以上の場合、成約価格×3%+6万円+消費税=仲介手数料
売却を依頼した不動産会社への報酬
5,000万円で売却の場合 1,716,000円かかります

依頼したら必ずではなく成功時の報酬です。
支払い方法は、物件の売買契約時に半金、お引渡時に半金の支払いが一般的です。
販売活動の経費等は別途に請求されることはないのでこちらに含んでいます。

売買契約書に貼付する収入印紙代

5,000万円までは1万円1億円までは3万円の印紙税がかかります。

登記費用

こちらは住宅ローン等の借り入れがある場合に抵当権を抹消するための登記費用です。
抹消金額による金額の違いはないので司法書士への報酬+経費で約30,000円前後

まとめ

大まかにお話しするとこんな感じですが、不動産の売却の場合、売主さん、買主さん双方に合意した金額での売却となるので売却にかかる諸費用や住宅ローンが残っている場合、現在のローン残高などを確認し、手元の資金をだす必要があるか、手元に現金が残るかどうかを逆算することが可能です。また、購入した際の経費等との差額で大きく利益がでてしまうと課税の対象になってしまうので注意が必要です。

こちらもご参考ください↓

中古マンション高く売れたら
中古マンションの売却について基本的な知識からアドバイスまで現場スタッフが自ら執筆しています。今回は中古マンションが高く売れて利益が出ちゃったときの税金についてを各項目ごとにご説明いたします。

自宅を売却する場合、次の住まいを買うのか、借りるのかでもプランニングが変わります。売却したはいいが次の住まいが買えない!なんてことにならないように十分なシュミレーションやプランニングが必要となります。売却価格の査定や相談は無料なのでまずはご相談から始めてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました